コルチゾールの低下で疲労を感じるように

コルチゾールの低下で疲労を感じるように

MENU

コルチゾールの低下で疲労を感じるように

職場を変えてから、毎日ひどいストレスを感じています。
人生でここまで強いストレスを感じたことはありません。
そのため体の調子が悪く、病院に行ったところ血液検査をしましょうと言われたんです。
そして検査の結果、コルチゾールが低下していることがわかったのです。
結果を聞いて私は少しびっくりしました。
なぜなら、コルチゾールは過剰分泌されると体に悪いと聞いており、低下することも体に悪いとは知らなかったからです。
実はコルチゾールは普段から少量分泌されていて、体や心を元気に保つ働きがあるのだそう。
なので低下しすぎても、疲労感が出たり眩暈がしたりして良くないみたいです。
薬を飲んで治療することになりました。

 

 

 

うつ病とコルチゾールとの関係

うつ病の原因の一つがコルチゾールであることがわかってきました。
コルチゾールとは副腎から分泌されるストレスホルモン。
うつ病の人は濃度が高く、それによって脳細胞が破壊されてしまうのだそうです。
そのため、コルチゾールを低下させる薬を飲んだり生活習慣を行ったりすることが重要なのだそう。
例えばホスファチジルセリンという薬を飲むことも有効。
そしてカフェインのような刺激物を摂取するのも避けた方がいいようです。
あとは血糖値を急激に上げるような、炭水化物の多い食事も。
大事なのは質の高い睡眠を取ることだそうですが、うつになっている時にちゃんと睡眠を取るというのは難しいですよね。
やはり薬は避けられないでしょうか。

 

 

 

家庭のストレスでコルチゾールが増加?

最近、コルチゾールの分泌量が増えている人が多いのだとか。
なんでも原因はストレスだそうです。
しかも気になるのが、仕事のストレスではなく家庭のストレスが影響している人が多いという点。
普通、家庭はリラックスできる場所ですよね。
それなのに仕事で疲れて帰ってきても気が休まらない。
育児があったり、夫婦との間に問題があったり。
そうすると日常的に強いストレスを感じるようになり、コルチゾールがたくさん分泌されてしまうのだそうです。
あまりにコルチゾールが増えすぎると、病気になるリスクが上がったり太りやすくなったりしてしまうそうですよ。
なのでやっぱり、ストレスは体にとって大敵なんです。
家ではゆっくり休みたいですね。

 

紫外線から目を守ろう!

 

紫外線対策といえば、昔は肌がメインでしたが、最近は『目』のグッズも沢山売っていますよね。
サングラスは昔から紫外線をカットするために有効な手段として使われてきましたが、最近は紫外線をカットする眼鏡なんかもありますよね。
紫外線は、目の老化を促進し、結膜や角膜に悪影響を及ぼすと言われています。
やはり目は、一生使う部分なので、すごく気になってしまいますよね。
目が悪いと、それだけで日常生活が不自由になってしまいます。
紫外線によって目の不調が出てくるのは、やはり年を取ってからです。
白内障など、加齢が原因で発症する病気は、デキるだけ紫外線を浴びないことが大事です。
目を大切にしたい人は、それこそサプリメントでケアをするのもおススメです。
デスクワークやスマホ依存で、目を酷使している人にもサプリメントはおススメですが、目の紫外線ケアにも良いです。
目のケアは点眼薬による方法もありますが、小さな子供とかは、点眼薬だと嫌がるケースも多いですよね。
私はコンタクトレンズをしているので、コンタクトレンズをわざわざ外さないといけない点眼薬も多いので、サプリメントでのケアの方が楽です。
夏場特に、紫外線による目の疲れが出やすい時期なので、自宅に一個サプリメントがあると安心です。

 

フィンペシア

 

ハートガードプラスと肥満の予防

 

 

ハートガードプラスでフィラリアを予防するというのはとても大切です。
しかし、肥満を予防するというのもまた重要なのです。

 

まず、犬はもちろん人間も糖尿病の原因というのは同じです。
膵臓から分泌されているインシュリンと呼ばれるホルモンは血糖値を抑制する働きがあります。

 

このホルモンの量が減少してしまったり、効果が出にくくなるということが原因となっているのです。
予防対策も犬と人間とでも大きな違いがあります。

 

人間の場合もそうなのですが、糖尿病というのは肥満を伴っているケースが多いと言われています。
これは肥満になることでインシュリンが多く必要になるのです。

 

その結果、膵臓を酷使することになり、疲れてしまい膵臓の働きが悪くなってしまうのです。
肥満を防止するためには、必要以上のご飯を与えないということです。

 

室内外の場合には運動不足になりやすいですので、肥満には注意が必要になります。
避妊手術を行うと太りやすくなります。
そのため、特に肥満防止が必要になるのです。

 

このような肥満防止というのは、普段の生活の中で少しずつ心がけることが重要になります。
毎日の積み重ねが少しずつ体質改善につながりますので、しっかりと意識してみてください。

 

カマグラゴールド
バリフ

 

 

カルドメックと犬のいる生活

 

犬の世話をするというのは、子供の成長においてとても大きく影響を与えます。
例えば、犬の世話をするようになることで規則正しい生活を送ることができるようになります。

 

犬を飼う場合には、いつも決まった時間にご飯を食べさせたり、決まった時間に散歩に連れていったりしなければなりません。
休みの日だからといってサボるわけにはいきません。

 

雨の日でも暑い日でも、毎日の散歩というのは欠かすことができないわけです。
また、食事の世話も同じように毎日欠かせません。

 

犬をしっかりと飼うためには、家族全体が規則正しい生活をおくらなければならなくなるんですよ。
また、小さいころから犬と一緒に暮らすことで、病気に強くなるといわれています。

 

幼児の頃から犬と暮らしていた子供は、アレルギーや喘息を発症しにくいといわれているのです。
その他にも、犬を飼うことによって毎日散歩に行くようになるので体力づくりにも効果的なのです。

 

また、フィラリア症などの予防のためにカルドメックを飲ませるなど愛犬の命を守るために考える、ということができるようになります。
優しく、そして考える力を持つことができるようになります。
このように犬と一緒に暮らすというのはとてもメリットが大きなことなのです。

 

ミノキシジルタブレット

2016/05/04 21:52:04 |
緑内障は視神経の障害緑内障は、視神経という器官に障害が起こり、視野が徐々に狭くなってしまう怖い病気です。加齢などの影響で、眼圧が高くなると発症しやすいと言われています。原因は加齢だけではなく、野菜不足の食生活や、紫外線の影響によるダメージなどもありますので、限定することはできません。緑内障は放っておいても自然治癒する病気ではありません。そのため、早期発見で、症状が軽症なうちに完治させることが大事だと言われています。というのも、目は一度失った視力をもとに戻すことは不可能と言われています。そのため、緑内障の症状が進行してしまうと、もう元の視力や視野の狭さを取り戻すことは難しいと考えられています。確...
2016/04/26 17:45:26 |
茶道にある裏と表って一体なに?ポストに茶道教室の広告が入っていました。今まで自分が茶道をするなんて思わなかったけれど、この広告を見たら自分がお茶を立てている姿がぱっと浮かんだんです。そのことがきっかけで、この文化に興味を持つようになりました。調べてみると近隣にいくつかの教室があることを発見。でも、よくよく見てみると「表」「裏」という言葉があってよくわかりません。どうやら表は表千家、裏は裏千家のことを指しているようです。一般的にイメージされている茶道とは裏千家のことだそう。表千里は、流派によってだいぶ違いがあるので初心者には難しいようです。どの教室もみんな同じことをやるのかと思っていたのですが、...